不動産屋と資格

不動産屋への就職を考える際、資格の必要性などが気になるところでしょう。
不動産業界でおなじみの資格と言えば、宅地建物取引主任者、いわゆる宅建でしょう。

この資格は不動産業界に主食する際には必須とも言われる資格です。
しかし、宅地建物取引主任者の資格がないからと言って、不動産屋に就職できないということはありません。

例えば営業職などは、この資格が無くとも仕事は問題なくできます。
宅地建物取引主任者の資格は、賃貸住宅の契約などをする際に、重要事項の説明や書類の交付、押印などを行うために必要です。
したがって、この資格を持っていれば契約に関することは任せられるというものです。
独立開業をする際などは非常に役立つでしょう。

不動産屋に就職する際に、宅建の資格の有無は重要ですが、就職してから取得しても構いません。
宅建の資格は比較的簡単に、そして短期で取得できます。
就職後に、仕事をしながら取得する人も数多くいます。

この他には、例えば、マンション管理士などの資格が不動産屋で役立つでしょう。
これはマンションの管理組合や住人からのトラブルの相談を受け、アドバイスをする仕事と思えばいいでしょう。

また、管理業務主任者という資格もあります。
こちらは、マンションの管理会社などには必須のものです。
マンション管理会社はこの資格を持った者を従業員として雇っている必要があります。
このように、不動産屋に関する資格は他にもたくさんありますが、就職に有利になるものはあっても、必須のものは基本的に無いと思っていいでしょう。