不動産屋と転職

不動産屋への転職を考えている方もいるでしょう。

不動産屋と言うと、どのようなイメージがあるでしょうか。
一つは、自分が賃貸物件などを借りに行った際のイメージでしょう。
店舗内で資料をまとめたり、訪問してきたお客さんへの対応をしたり、実際の物件を見に行ったりというものです。

たしかにそれらは不動産屋の業務の一例ですが、実際に不動産屋で働く際に行うことは、営業が中心になるようです。そして、営業といえばノルマがあり、それによって給料やボーナスにも影響するといった話はよく聞きます。
この点から不動産屋への転職を考えると、転職のしやすさは高い方かもしれません。
営業職としての需要はあるでしょうし、正直言って特殊な資格なども必要ありません。

ただ一つ言うならば、若い人が多いと言うことです。
この原因の一つは、不動産関係の仕事の離職率の高さでしょう。
新卒を大量にとっては営業職に回し、シビアな世界でふるいにかけるのです。
そのため離職率も高い一方で、求人に極端な年齢制限はありませんし、採用の基準も厳しくないでしょう。

不動産屋への転職をどのような理由から考えているかにもよりますが、避けて通れないことがいくつかあります。まずは他人と積極的にコミュニケーションできる能力です。
人見知りや消極的な人はきついかもしれません。
また、成果主義的なところが多いですから、頑張った分だけ報酬がもらえる仕組みがあっていれば良いですが安定などを求めている人は向いていないかもしれません。
これらのことを考慮しつつ、不動産屋への転職を考えてみましょう。